子供 英会話 教室・子供 中国語 教室 - 堺市 英会話 教室

大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
堺市 話し方 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 中国語 教室
堺市 韓国語 教室
堺市 フランス語 教室
堺市 カラオケ教室
大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ
堺話し方学院ブログ
堺話し方学院ブログ
大阪・堺話し方学院携帯用サイトQRコード
携帯用サイト

  くだらないことでも発言すること

日本人は公の場で発言を求められても、なかなか発言しようとしません。黙っていても解ってくれると思っているからでしょうか?

  • こんなことを言えば恥をかくのでは・・・。
  • 今言わなくても別に・・・。
  • 言えば文句を言っていると思われるかも・・・etc。

そこで今日は、脳科学者の中野信子さんの話を紹介します。

世界各国を代表する研究者が集う、フランスの原子力庁で脳科学者として研究をしていた中野さん。彼女が最初に驚いたのは、仕事で結果を出す人ほど、自分自身とプライベートな時間を大切にしているということだ。

「夜8時にオフィスに残っている人などいません。プライベートでも、ダンスをしていたら選手権で優勝するなど趣味を超えた充実ぶり。そういう人は魅力があり仕事でも信用され、脳も多くの刺激を受けてよく働くのでしょう。また自分の強みを見つけたら、そこで貢献すると決め、弱い所は頑張らず得意な人に振る。やらないことを決める合理性がいい結果を出すんですね」

日本人はシステムを生かすために個が犠牲になりがちだが、様々な人種が集うフランスでは個が優先されるそうだ。これは、一瞬楽に思えるが、逆に「個」のアピールを常にしていかないといけない厳しさがある。

中野信子さんが話すのには、

「戸惑ったのは、たとえくだらないことでも皆がすぐ発言するということ。私は日本人的な感覚で、これを言ったら馬鹿にされるとついためらってしまう。その一瞬のためらいが差をつけます。人種や宗教など異なる背景を持つ人が集う場では、言わないで理解されることはありえないと分かりました。言葉にしたことが全てで『行間』はないんです」

何より中野さんが日本人に足りないと思うのは、彼らが持つ、逆境をバネにして利用し、活かすという強さだ。

とにかくずぶとく、逆境も自分の糧にしてしたたかに生きる。ただこれは、彼らが脳の使い方が上手なだけで、慣れれば誰にでもできます。もう駄目だと思っても、考え方次第で活路は幾らでもある。脳科学の面から、皆がそれに気づくお手伝いをしていけたらと思っています」。まずは、自分の強みを自覚しよう。

脳科学者 中野信子


大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ



トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
〒590-0024大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 TEL:072-259-8151 FAX:072-254-4187 メール:sakai@hanashikata.com
Copyright © SAKAI HANASHIKATA GAKUIN all rights reserved.