子供 英会話 教室・子供 中国語 教室 - 堺市 英会話 教室

大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
堺市 話し方 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 中国語 教室
堺市 韓国語 教室
堺市 フランス語 教室
堺市 カラオケ教室
大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ
堺話し方学院ブログ
堺話し方学院ブログ
大阪・堺話し方学院携帯用サイトQRコード
携帯用サイト

  鍛錬10000回って何やろ?

以前、堺商工会議所の「会員のつどい」で、将棋の(故)米長邦雄氏(八段)の講演を聞いた。

その話の中で、鍛錬10000回というのを耳にし、なぜ10000回か、いつも疑問を持っていた。

そうしたら、あるロータリークラブの会報で、その答えが見つかった。

それは、宮本武蔵(1584〜1645年)の「五輪書」に書かれてあり、内容は

千日の稽古を鍛とし、
万年の稽古を錬とす。

ああ、これだ!と思った。

話しは変わりますが、私はよく教室で、

人前であがらないでスピーチするには、話す内容を、短く、自分の言葉でまとめ、声に出して100回練習すれば、思いどおりうまく話せますよ。

と話しています。

しかし、その道で頂点を目指す人は、鍛錬(10000回の稽古)をしなければならないということを知らされた思いです。

そうすれば最高の技術を身に付け、その上“心”まで磨かれるにちがいないと思ったのです。

稽古ごとは何でも

まずは、練習100回 次に、練習1000回 さらに練習10000回

これぐらい真剣に取り組めばその道の頂点に立てるにちがいない。

そういえば、ゴルフを上達するには、トラック1台分ボールを打てと聞いたことがありますが、トラック1台分は練習10000回に相当するのかな?と思うのです。

あなたも鍛錬10000回 そしてその道の頂点を目ざしませんか。


大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ



トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
〒590-0024大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 TEL:072-259-8151 FAX:072-254-4187 メール:sakai@hanashikata.com
Copyright © SAKAI HANASHIKATA GAKUIN all rights reserved.