子供 英会話 教室・子供 中国語 教室 - 堺市 英会話 教室

大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
堺市 話し方 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 中国語 教室
堺市 韓国語 教室
堺市 フランス語 教室
堺市 カラオケ教室
大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ
堺話し方学院ブログ
堺話し方学院ブログ
大阪・堺話し方学院携帯用サイトQRコード
携帯用サイト

  人を感動させるスピーチ、それはあなたに言いたいことがある。ということです。

今年に入って、スピーチ原稿の作成2件と、スピーチ表現のプライベートレッスンの依頼がありました。依頼主は他府県の人だったので、なぜ当学院に依頼されたのかお聞きすると、私の本“スピーチ力であなたが輝く”、また本学院ホームページのカツコツシリーズを読んでと言うことでした。

本やカツコツシリーズの中で、学院長は「おざなりなスピーチや、とおりいっぺんの紋切型スピーチはするな!誰も聞いていませんよ。」と書かれていたので、ちょっとひと味違う、いいスピーチをしたいのでお願いしようと思ったと話されました。

私は「わかりました。では早速、当学院へ来てください。」と言って来てもらい、話し合いながら、相手はどんな立場の人か、今回のスピーチで何を言いたいのか?どのような場所で?何人ぐらいを対象にスピーチするのか?等チェックしながら聞きました。

話し合いながら相手の言いたいことが2つ、3つ頭に浮かんで来れば、しめたもの。次にその裏付けとなる身近な具体例(実例)を探し出します。いい実例がみつかればスピーチの8〜9割は出来上がりです。

あとは、聞き手が聞きたくなる“出だし”と、なるほどそうすればいいんだ!と思う“結び”をスピーチの前後につければ、ほぼ出来上がり。

スピーチ時間は、2〜3分以内。スピーチの狙いどころは2つ。(1分間に話せる字数は約300字)

最後は、どう表現するかということです。これには本番の会場をイメージして、原稿を声に出して100回ぐらい練習します。そうすれば内容がすっかり頭に入り、本番では原稿を見ないでも堂々と出来る様になります。

プライベートレッスンを終えた2人は、後日“お蔭でうまくいきました。ありがとう。”また何かあったら頼みます。とお礼の電話をいただきました。

いいたいことを見つける突破口は、あなたが平素“ちょっと感動したこと”をその場でメモし、ストックしておくことです。


大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ



トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
〒590-0024大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 TEL:072-259-8151 FAX:072-254-4187 メール:sakai@hanashikata.com
Copyright © SAKAI HANASHIKATA GAKUIN all rights reserved.