子供 英会話 教室・子供 中国語 教室 - 堺市 英会話 教室

大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
堺市 話し方 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 中国語 教室
堺市 韓国語 教室
堺市 フランス語 教室
堺市 カラオケ教室
大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ
堺話し方学院ブログ
堺話し方学院ブログ
大阪・堺話し方学院携帯用サイトQRコード
携帯用サイト

  スピーチの単調は退屈の母

人前でスピーチする場合、かなり慣れた方でも単調な話をする人が殆どである。
話の出だしから終わりまで同じ調子で話しているのです。
いくら内容がよくても、ものの10分もすれば、聞き手は退屈してしまいます。
聞き手は絶えず変化(声のメリハリ、コトバの使い方、速度の調節、間(マ)の置き方)のある話を期待しているのです。
 

どうすれば話の単調さを打破できるのか、その心得5ケ条をあげてみます。
 1)重要な言葉(言いたいこと)を強調し、重要でない言葉は軽くいう。
 2)調子を変える。(高く、低く、抑揚もつけて)
 3)話す速度を変える。(スピードアップ、または ゆっくりの部分も)
 4)重要なポイントは前後に間(マ)を置く。
 5)話の途中に会話を挿入する。
     会話を入れると臨場感が生まれ、話が生き生きするのです。


大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ



トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
〒590-0024大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 TEL:072-259-8151 FAX:072-254-4187 メール:sakai@hanashikata.com
Copyright © SAKAI HANASHIKATA GAKUIN all rights reserved.