子供 英会話 教室・子供 中国語 教室 - 堺市 英会話 教室

大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
大阪 堺市 堺話し方学院
話し方教室・英会話教室
韓国語教室・中国語教室・カラオケ教室
トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
堺市 話し方 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 英会話 教室
堺市 中国語 教室
堺市 韓国語 教室
堺市 フランス語 教室
堺市 カラオケ教室
大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ
堺話し方学院ブログ
堺話し方学院ブログ
大阪・堺話し方学院携帯用サイトQRコード
携帯用サイト

  来春の大卒予定者「コミュニケーション能力なし」は「内定なし」

昔、「大学は出たけれど、就職につけず・・・」
という時代はあった。世の親たちは、苦労して大学出したのに・・・と嘆いていた。
しかし今年はそれ以上に厳しいようだ。
来春の大卒予定者の就職内定率が60%以下。
「超氷河期」を下回る数字だそうだ。

そこで日本経団連による新卒採用に関するアンケートの「選考時に重視する要素」では、7年連続で「コミュニケーション能力」が第1位だ。

人事担当者は「ビジネスの世界では、相手が仕事をしやすくなるような工夫をするのは当然のこと。それには、まず相手の要求に耳を傾けなければなりません。そのうえで相手に伝える、説明する、表現する。双方向でないとコミュニケーションはできません。全部ひっくるめて、「コミュニケーションの第1歩は傾聴する力にあると思います。」と。
内定のとれる人、とれない人の差は、傾聴力の有無だとも言う。

それではこの傾聴力を身につけるにはどうすればいいのか?

その心得として、

  1. 相手中心に話しを進めること。
  2. 相手が話してくるのをまずは「ウムウム」と肯定する合槌を打つ。
  3. 次に「なるほど!」と相手の話に共感する。
  4. 次に「それで・・・それから」と相手に質問しながら話しを展開していく。
  5. さらに話の途中で時々「よかった、ヤッター、スゴーイ!」と弾みの合槌を入れる。
そして相手と言葉のキャッチボールをすればいい。その上、誰とでも対等に話し合えることが前提。

基本は親子の会話。これができている人は「就活」も「婚活」も「日常会話」もうまくいくんです。


大仲学院長の“人生に勝つコツ”シリーズ



トップページ-大阪 堺市 堺話し方学院 体験レッスン-大阪 堺市 堺話し方学院 セミナー・講演の依頼-大阪 堺市 堺話し方学院 貸し教室-大阪 堺市 堺話し方学院 英会話・韓国語・中国語講師募集-大阪 堺市 堺話し方学院 堺話し方学院までのアクセス-大阪 堺市 堺話し方学院
〒590-0024大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 TEL:072-259-8151 FAX:072-254-4187 メール:sakai@hanashikata.com
Copyright © SAKAI HANASHIKATA GAKUIN all rights reserved.